平成30年度第3回すぎなミーティングを開催しました!

f:id:rintaro_suginami:20181207102105j:plain

f:id:rintaro_suginami:20181207102118j:plain

f:id:rintaro_suginami:20181207102127j:plain



区民と区長という、普段は違う視点から杉並に向き合っている両者が、お互いの距離を縮めながら意見交換を行うのが主旨の本事業。

 

今回のテーマは、「ふるさと納税」。
自分の応援したい自治体に寄付することができ、その寄付金は所得税・住民税の控除対象となる制度で、元々は都心と地方の税収格差を埋めるという目的が根底にあります。

しかし、現在は「返礼品競争」など、当初の主旨とは少し離れたように見えるところでの盛り上がりを見せており、色々な意味で現在ホットな話題と言えるでしょう。

 

今回は、無作為抽出で選ばれた2000人の中から手を挙げて下さった方々を11名に絞り、ふるさと納税を利用している・していないなど、様々な立場・考えの方々と一緒に、”杉並区は”どう考えているのか・どんな施策を打ち出しているのか、どうすれば区民は自分の考えを持って、ふるさと納税に向き合っていけるのかを考えました。

 

今回の場をつくる上で意識したのは、それぞれの今のふるさと納税に対する考え方を否定しないこと。
杉並区の考えを押し付けないこと。
あくまでも、自分が住んでいるまちの方針はそうなんだなぁと、理解をしてもらえる時間にしたいねということは、事前の区政相談課のみなさんとの打ち合わせでも確認し合いました。

 

最後の全体トークでは、
「更に周知の強化が必要」
「自分も間接的に損している可能性があることを、ちゃんと周知する必要がある」
「地方から杉並区に寄付したくなるような方法をもっと考えてもいいかも。筋は通っているけれど、固すぎる」
「すでに実践されているが、もっともっと都心と地方との交流に寄付金を使っていいと思う」
「これまでもふるさと納税をしてきたが、こういった話をちゃんと聴いたことで、杉並区に寄付したいと思えた」

などなど、多くのインプットがあった上での自分自身の考えや行動を語って下さりました。
参加者のみなさま、ありがとうございました!

ふぃ〜、2日連続で刺激的なワークショップが続いたぜっ(^^;)

 

〈プログラム〉
★ゴール:(1)杉並区のふるさと納税についての考え方について、誰かに説明できる!(2)改めて、自分がふるさと納税にどう向き合っていけるのかが言える!

(1)開会・マインドセット「すぎなミーティングの主旨・本日のテーマ・ゴール・プログラム・グランドルールの共有」
(2)アイスブレイク「握手de自己紹介」
(3)ストーリーテリング「区長の想い」
(4)グループワーク「ぺちゃくちゃタイム〜今の話を聴いて、どう感じた?」
(5)情報提供「杉並区の施策」
(6)グループトークグループトーク×2〜区民が、”ちゃんと”選んで納税先を選べるようになるために、区民が・区役所ができることは?」
(7)個人ワーク「”いいね!”と思った意見・アイディアorもっと深めたい話題をA4用紙に記入しよう」
(8)全体ワーク「自分の今の想い・考えを共有しよう」
(9)ふりかえり

最終回!!さやま市民大学主催 ファシリテーション学習講座が無事に終了しました

f:id:rintaro_suginami:20181207101850j:plain

f:id:rintaro_suginami:20181207101858j:plain

f:id:rintaro_suginami:20181207101907j:plain



2時間制・全3回の講義を通じてファシリテーション・スキルを身に付け、ご自身の活動にどのように活かすかを具体的にイメージできるようになるのが、目的の本講座。

 

その上で、
『観る』…話されている内容だけでなく、表情・声・しぐさ・雰囲気などが、話している内容にどのように影響を与えているかに注目する

『書く』…板書を通じて、これまでの話し合いの積み重ねに目を向けたり、参加者の視線を1点に合わせたりすることで、不必要な人同士の対立イメージをなくす

この2つのファシリテーション・スキルに特化したワークショップ型の講座を実施しました。

 

第1回〜第2回では、書くことを意識して会議に臨むチームと、その様子について「内容以外」の部分を観察するチームに分かれての、会議実践。

15分の実践ののち、話の内容以外の要素が、場にどのような影響を与えていたか・板書が会議に対してどのように効果を発揮していたかについて、振り返りを行いました。

最終回では、普段の会議により近づけるため、自分たちが行う会議の中で、内容と内容以外の両方を『観ながら』、更には『書きながら』の30分の会議実践。前半15分が経った頃に振り返りを行い、修正点を意識してラスト15分でフィニッシュ。今回は山ノ内・米元が各チームの進行を観察し、振り返り時にフィードバックをさせていただきました。

そして無事…全3回講座で、合計7回にわたる会議実践を、無事にこなしました。

しかし…みなさまの感度には驚かされることばかり。。

「目の前の方が、話を遮られた・横取りされた瞬間に顔が曇った瞬間があったので、そのことについて質問してみたら、やはり違和感を感じていらした。そこから話を再開したことで、誰もモヤモヤすることなく進めることができた」

「板書をすることで、このチームの中で、何が一番話題になっていたかが一目瞭然だった」

「人を見ることは意識してきたが、人から見られていることに初めて気付かされた」

「会議を始める際、最初にお話される方の影響がとても大きいということが分かった」

「場を引きの視点で見る…という感覚が、分かった」

全員が、回を重ねるごとに、ファシリテーションの大切さを実感をもって理解することができたよう。

個人的にも、これまで自分が実践してきたファシリテーション研修の中で、ダントツに「そう!その感覚を伝えたかった!」という手応えを感じられた研修になりました。

いやぁ、自分にとっても学び多き時間でした。
本当にありがとうございました!

 

〈プログラム〉
★ゴール:ファシリテーション・スキルを、自分の活動にどう活かすかが宣言できる!
(1)開会・マインドセット「本講座の主旨・本日のゴール・プログラム・グランドルールの共有」
(2)アイスブレイク「チェックイン」
(3)レクチャー「観る→分析する→行動するのサイクルについて」
(4)グループワーク「会議実践(前半戦)〜狭山に今、必要なのは高齢者向け施設?子ども向け施設?それとも?ーGoal:たくさんの視点からの意見が出されている状態」
(5)グループワーク「前半戦の振り返り」
(6)グループワーク「会議実践(後半戦)」
(7)グループワーク「後半戦の振り返り」
(8)全体ワーク「行動宣言〜わたしはファシリテーション・スキルを”こう”活かします」

第3回裾野市まちづくりカフェが終了しました★☆

f:id:rintaro_suginami:20181207101647j:plain

f:id:rintaro_suginami:20181207101658j:plain

f:id:rintaro_suginami:20181207101708j:plain



「住んでいるまちや社会問題に対してもやもやっとした時に、気軽に話せる人が身近にいてほしい。何か一緒にやろうと、背中を押してくれる人がいるまちにしたい」

主催者である一般社団法人マチテラスの深野さん、神井さんとの打ち合わせのときに、お二人が仰っていた言葉です。

 

そんな想いを形にした全5回講座。
第1回・2回では、参加者がもやもやしていることを、”問い”の形に変換し、他の参加者に投げかけ、対話をすることで、自分が本当に気になっていること・深めたいことを明確化していくワークを実施。

そして今回は、自分たちが抱いている裾野に対してのもやもや、あるいはこんなことしたいというワクワクを共有し合い、似た者・共感する者同士でチームをつくり、第1回目としての企画を一緒につくってみよう…という時間をつくりました。

 

今回は参加者層が幅広く、自分がやりたいことがまだまだ不明瞭な人もいたり、チームにならずにその場で出会った人同士で相談会を繰り広げたり、自由な展開に。

一方で、見事企画が完成したところもあり、「来月会って深めよう!」なんて話が自主的にあがるチームもありました!

 

レクチャーでもお話させていただきましたが、まちに対して「こんなことがやってみたい!」が浮かんだら、とにかくまずは1回やってみることが大切だと考えています。

どれだけ自分が正しい・よかれ・誰かのため…と思っていることでも、それが社会に対して表現されるまでは、「独りよがりごと」に過ぎないですから。

実際にやってみて、そこに参加された方々の表情や感想、それを見たときの自分の気持ち、準備や当日運営の大変さ、もっと必要だったと思われる知識やスキル…それらを感じてから、自分の次の一歩を決めればいいと、僕は思っています。

やっぱりやりたい・すべきだ!と感じたら、続ければいい。そこで初めて、継続的に進めていく上での決まりごとを定めていけばいい。

やっぱり違ったと思ったら、一旦休止。寝かせて、またアンテナを張っていればいい。

最初は、それぐらいの気楽さでいいんじゃないでしょうか。

だって、私たち一人一人が、社会の一部。
私が変われば、社会もちょっとは変わる。

少なくとも、何もやっていない時の自分と、一歩を踏み出してみた自分は、その周りのつながりも含めて、きっと何かが変わっているはず。

個人的には、何かを作り上げることの大変さをちょっと知って、人は優しくなっていくと思っている。そう信じたい笑

だから、どんどんと自分で考える・やってみる人が増えて、どんどんと優しい人が増えればいいなぁ、そんな社会になっていったらいいなぁと、思っています。

 

〈プログラム〉
★ゴール:私たちがどんな次の“一歩”を踏み出すか、なんとなく決まっている
(1)開会・マインドセット(本日の主旨・ゴール・プログラム・グランドルールの共有)
(2)アイスブレイク「聴く・訊く自己紹介×2セット」
(3)個人ワーク「もやもや・ワクワク・スキルを記入!仲間集めシート作成」
(4)全体ワーク「マグネットテーブル〜仲間集め」
(5)グループワーク「ペチャクチャタイム〜想いの共有」
(6)個人ワーク「やりたいことを付箋に書き出し」
(7)グループワーク「やりたいこと共有〜アイディア発散」
(8)グループワーク「企画づくりシート記入〜アイディア集束」
(9)グループ〜全体ワーク「ふりかえり〜企画づくり体験を終えて、私の次の一歩共有」

第2回も終了!!さやま市民大学主催 ファシリテーション学習講座

f:id:rintaro_suginami:20181207101350j:plain

f:id:rintaro_suginami:20181207101359j:plain


2時間制・全3回の講義を通じてファシリテーション・スキルを身に付け、ご自身の活動にどのように活かすかを具体的にイメージできるようになるのが、目的の本講座。

 

その上で、
『観る』…話されている内容ではなく、表情・声・しぐさ・雰囲気などで、場が上手く進行していないと感じる時の一人ひとりの違和感に注目する

『書く』…板書を通じて、これまでの話し合いの積み重ねに目を向けたり、参加者の視線を1点に合わせたりすることで、不必要な人同士の対立イメージをなくす

この2つのファシリテーション・スキルに特化したワークショップ型の講座を実施しました。

 

第1回では、ある意味では初めて「ファシリテーションを意識して場に臨む」経験をされ、少々不安やもやもやが残ったご様子。

それがむしろ「正しい状態である」ことは、事前にお伝えしてあったのですが、あまり膨れすぎていると学ぶこと自体への意欲の低下につながってしまうかもしれない。

いただいた感想の文面からそう判断し、研修の初めに「ファシリテーション・スキルを学ぶことは、新しいスポーツを学ぶことと似ている。新しい身体の使い方を学ぶので、初めはぎこちなさや疲労感があるのが当然ですよ〜」というようなお話をさせていただき、不安やもやもやがあってオッケーであることを改めて共有。

これも〈人が集まる場において、一人一人が自分の想いや考えを安心・安全に表現できたり、全員にとって納得のいく結論を出せるように働きかけるためのスキルの総称〉である、ファシリテーションに基づいた行動の1つだと考えます。

内容は、前回同様、会議実践の場を『書く』『観る』チームに分かれて実施。

ここで、参加者自身も驚くべき成長が!!!!!!

『書く』ことを意識しながら会議に臨むチームは、改めてファシリテーションを意識した上で、どういう板書をすると会議に役立つかを事前に相談し、実施することで前回とは比べものにならないほど、分かりやすく「見える化」を実現することができました。

『観る』ことに徹する時間でも、「前回は、違和感を全然見つけられなかった」と仰られていた方も、「今日はわかったの!」と声をあげられている姿も。ふりかえりの時間では、「この時間にこんなことがあった。自分たちの場ではどうしよう」ということを、自分ごとに置き換えたりしながら、しっかりと共有することが出来ていました。

『書く』ことを意識すると、どんな発言が書きやすいか・書きにくいか…ひいては、伝わりやすいか・にくいかが分かってきます。

『観る』ことを意識すると、他人の一挙一動が場に影響を与える大きさに気づき、今度は自分の一挙一動にも気がはらえるようになります。

会議の在り方を考えるようでいて、結局のところ、自分の在り方を改めて考えることにつながっているんですよね。
そんなことも実感されたようで、また新しいもやもやが笑

しかし、前回を踏まえての今回の実戦で確実に何かを掴んだという時間をもって、終了することができたようです。

次回は少し間をおいての最終回。
とっても楽しみ!!!

 

〈プログラム〉
★ゴール:前回を踏まえての”自分ゴール”を設定し、それが見事達成できている!
(1)開会・マインドセット「本講座の主旨・前回のおさらい・本日のゴール・プログラム・グランドルールの共有」
(2)アイスブレイク「チェックイン・自分ゴールの共有」
(3)グループワーク「グループトーク①〜観るチームと書くチームに分かれて実施”狭山が今、一番お金をかけるべきことは?〜TOP3を決める会議”」
(4)グループワーク「ふりかえり①」
(5)グループワーク「グループトーク②〜役割変更して実施」
(6)グループワーク「ふりかえり②」
(7)グループワーク「グループトーク③〜チームごとに実施”私たちがファシリテーションを身につけると、自分自身・私が所属している組織・狭山は、どう変わる?〜アイディアを発散する会議”」
(8)ふりかえり

さやま市民大学主催★ファシリテーション学習講座の第1回が終了しました!!

f:id:rintaro_suginami:20181207101150j:plain

f:id:rintaro_suginami:20181207101159j:plain

f:id:rintaro_suginami:20181207101208j:plain



2時間制・全3回の講義を通じてファシリテーション・スキルを身に付け、ご自身の活動にどのように活かすかを具体的にイメージできるようになるのが、目的の本講座。

 

本講座では、ファシリテーションを、人が集まる場において、一人一人が自分の想いや考えを安心・安全に表現できたり、全員にとって納得のいく結論を出せるように働きかけるためのスキルの総称…と定義。

 

その上で、さまざまなファシリテーション・スキルを扱う上での基本中の基本である『観る』こと。
そして、板書を通じて視線を1つ合わせ、不必要な人同士の対立イメージをなくす『書く』こと。
この2つのスキルに特化したワークショップ型の講座を実施しました。

 

〈プログラム〉
★ゴール:ファシリテーション・スキルとは何かを理解し、今の自分は何が出来て、何が出来ないのかが分かっている
(1)開会・マインドセット「本講座の主旨・本日のゴール・プログラム・グランドルールの共有」
(2)アイスブレイク「チェックイン・自己紹介」
(3)情報提供「ファシリテーションの目的・意味と、具体的な7つのスキル」
(4)グループワーク「ペチャクチャタイム〜情報提供をうけての気づき・モヤモヤを共有しよう」
(5)グループワーク「コンセンサスゲーム①〜観るチームと書くチームに分かれて実施」
(6)グループワーク「ふりかえり①」
(7)グループワーク「コンセンサスゲーム②〜役割変更して実施」
(8)グループワーク「ふりかえり②」
(9)講座全体のふりかえり

 

(5)〜(8)は、『観る』『書く』それぞれに分かれて実施。

『書く』チームは、会議を実践。その間、A4用紙や模造紙を自由に使い、見える化を意識してとにかく書く。

『観る』チームは、『書く』チームの会議の様子をひたすら観る。ポイントは、話されている内容には気を向けず、表情・声・しぐさ・雰囲気などで、場が上手く進行していないと感じる時の一人ひとりの違和感に注目し、ワークシートにひたすらチェックをすること。

ワーク終了後は、チームごとにふりかえり。
『書く』チームは、自分たちの「書く」が、会議進行にどのような影響を与えたか・与えなかったか。与えなかったのなら、それはなぜか。どう書けば与えられるようになるのか…を焦点に。
『観る』チームは、各時間帯において何が観えたか・どんな違和感があったかをそれぞれの視点から共有。

普段とは違う筋肉を使って場に臨んだみなさん。

「対話の観察がすごく苦手ということがわかった。どうしても耳でないようだけを拾ってしまうが、表情を読み取ることができない」
「人の話をよく聞くとは、よく言うことであるが、人をよく観るとは、自分の中には薄かったと思える」
「書くことを役立てるのが、今日の時間内だと難しかった」
「書いていると、自分の意見が書き方に出てしまうので、「言ったことをなるべくそのまま書く」の意味や難しさが良くわかりました」

さまざまなモヤモヤが排出された様子。
やってみて、出来た・出来なかったを実体感するのが第1回。
第2回以降は、じゃあどうすれば出来るのか、情報を提供しながら更に実践を積み重ねていきます。