夢を語って下さい。ファシリテーターはそこから場をつくります。

ファシリテーターに場づくりを依頼するということは、まだまだ一般的ではないようです。

 

初めて一緒に仕事をさせていただく依頼主と打ち合わせをしているとき、こちらにどんな情報を伝えればいいのか分からないんだろうなぁと、感じるときが結構ちらほらあります。

 

f:id:rintaro_suginami:20171027161144j:plain

 

授業・研修・会議・対話など、人が集まる場であればどんな場のプログラムも組み、運営できるのが、プロのファシリテーターです。

おそらく、ご依頼主が想像する以上に柔軟性があります。

 

今日は、そんなファシリテーターを、上手に使うためのご依頼方法を書いてみます。

 

シンプルです。

 

タイトルにある通り、ずばり、夢を語っていただきたい。

 

この場をどんな場にしたい、どんな成果を求めている、参加者にこうなって欲しい。とにかく、ゴールイメージを語っていただきたい。

 

 

そこさえ明確に語っていただければ、話を進めることができます。


人が集まる場が目指すゴールの種類は、大きく分けて3つです。

 

交流:参加者同士の親交を深めたり情報交換を目指す
発散:テーマ・議題についての視野を広げ、アイディアをたくさん出す
集束:テーマ・議題について出されたアイディアから、決める・絞る・まとめる

 

ファシリテーターはまず、いただいたゴールの方向性を掴み、そこを目指すに至った背景や理由をヒアリングさせていただきます。

 

過去にも開催したことがあれば、その時の様子や成果など。

また、どんな方々に参加してもらいたい場なのか、参加者同士の関係性、人数規模といった人に関する情報や、使える時間や会場の様子などの前提条件なども合わせて伺います。

 

また同時に、それらのお話を伺っているときのご担当者の表情や声のトーンから、言葉にはしていないけれども実は考えていることや不安に感じていることを察し、質問したり、こちらから意見を投げかけてレスポンスを伺ったりもします。

 

そのような丁寧なコミュニケーションを踏まえ、最終的なゴールを一緒に設定します。

 

実は、このプロセスが上手くいくかどうかで、場が成功するかどうかが決まります。

 

プロのファシリテーターとして場をつくるとき、成功とはゴールを実現すること…だけではありません。

 

その延長線上に、依頼主の納得や満足がなくては、成功とは言えないのです。

 

なので、事前の打ち合わせは、場のゴールと依頼主の満足とを一致させるための非常に重要な時間。依頼主の不安の解消に努め、ゴールイメージを言語化するためのお手伝いに時間は惜しみません。

 

ファシリテーターとしての第一の仕事は、まず事前打ち合わせにあると、僕は考えます。


逆に、ゴールさえ決まってしまえば、あとはスムーズ。そこから先は僕らの専門です。

 

まず、その場で簡単な当日のプログラムを提案させていただきます。
なぜここでグループワークを入れるのか、なぜこの人数なのか、これをする意味は何なのか。全てのワークに意味と理由があるので、不安を残さないためにも、何でも聴いて下さい。

 

そして後日、スケジュール案として紙に起こし、細部をチェックし合った上で、当日を迎えます。

 

…という感じです。

 


逆に、一番困るのが、目指すべきゴールが定まっていない中でのご依頼。

 

ファシリテーターは、ゴール実現のために最適なプログラムを提案し、中立な立場で場を運営するのが仕事です。

 

向かうべき方向を、会社全体の方針や状態、これまでのご経験を踏まえて「判断」をするのは、依頼主の仕事です。

私達は場づくりのプロとして、実現したい夢を叶えるサポートをします。

なぜ「きき合い」なのか? ―会議で「ピザ配達人」の質問がもたらすこと―

どうもどうも~、よねです~(^^)/

 

授業のガイダンスのとき、担当するワークショップの序盤で、私がまずお願いすることがあります。

それは「(伝えることも大事な前提で)ききましょう」ということです。

もはや当たり前すぎて意外性のかけらもないことばですが(笑)、この姿勢が本当に浸透しているか、本当に当たり前になっているか、日頃の対話の場面を振り返ってみるといかがでしょうか。

 

ここでは特に「質問する」意味での「きく」について触れたいと思います。

高校教員時代から有志で行う会議の場や身内での研修の場で実施してきたのは「アクションラーニング」と呼ばれる会議手法です。

「きく」トレーニングにはもってこい!

 

f:id:rintaro_suginami:20170930221615j:plain

 

詳しくは関連する図書やウェブサイトなどを参照していただくとして、この手法では参加者は「質問→その回答」という形でやりとりを進めます。

議論には入らずプロセスに介入する立場としてALコーチが1名つき、タイムマネジメントしながらルールに沿って対話が進むようはたらきます。

自分から意見を話して終えちゃダメ。必ず質問の形をとるのです。

色々と得られることがありますのでとにかくやってみていただきたいところですが、特に「素人のように問う」ことが課題解決のカギになり得るという点は非常に重要だと考えています。

 

 

写真の本では「ピザ配達人」のエピソードが紹介されています。

とある会議の場で行き詰っていたところ、ピザを届けに来た配達人に1時間だけ会議に参加してもらい自由に質問してもらったそうです。

 

「そのとき、チームはピザ配達人が発した『くだらない』質問を、今まで自分たちが検証していなかったことに気づいたのである。」

 

素人の発した基本的なことに関する質問。

基本的過ぎて当事者たちが検証していなかったようなことでも、実は改めて見直してみると面白いことを発見することってあるんです。

 

私はファシリテーション系の研修講師を務めさせていただく際、ファシリテーションスキルの1つに「ことばの意味を確認すること」を挙げています。

当たり前のように使っているそのことば、実際どういう意味だろうか?

当事者の皆さんは、本当にその意味で捉えているのだろうか?

対話・議論を進めていくうえでの土台固めとなるこのステップを丁寧に踏まないと、やりとりがずれて、ずれて…

後々「あれ、こんなはずだったっけ!?(;´Д`)」なんてことが起こりかねない。

「そのつもり」って怖いんですよねぇ…(;'∀')

 

 

人が集まった場には多様性が生まれます。

多様であるということは、物事の捉え方が一通りではなくなるということでもあります。

多様性を生かしたアイディアのかけ算をするために、共通の土台を持ちましょう。

そのために、「素人のように問う」てみると…どんなことが起こるでしょうか?

 

参加する議論に「ずれ」を感じる方、一度「ピザ配達人」になってみては?(^_-)-☆

ファシリテーターが介入するのは何のため? ―十分な観察と、目的・意図をもって関わる&関わらないこと―

こんばんは、よねです(^^)

 

私たちは、様々な場面で「物事に対し主体性をもって取り組む人“アクティブラーナーズ”を増やす」ことを使命として活動しています。

 

 

このところファシリテーションの観点から研修講師のご依頼を受けることも多くなり、あれこれとお話しさせていただく&体験ワークを提供させていただいております。

その中で、しばしばいただくご質問に「ファシリテーターはどれくらい/どんな場面で介入するのか?」があります。

 

 

理由をもって介入を判断する観察眼を!

 

結論から言えば、「参加者にこうなってほしいという目標があり、そこに向かう中での『今』を捉えたとき、そのときに必要な介入は行えば良い」と私は考えます。

会社の方針として「参加者の主体性を育む」という方向性がある中、ただほったらかしにすれば良いわけではない。

でも、何から何まで介入していたら参加者はファシリテーターに依存してしまう。(それってそもそもファシリテーションなの…?(笑))

見極めは難しいですが、現場ではそんな絶妙な塩梅を追求しながら介入しようかしまいか考えつつ行動しております。

ヘラヘラ~っとしながらウロウロしているように見えつつ、実はものすごく場の雰囲気、各グループの状況、個々人の感情の動きを観察している(つもりな)のです!

表面的な「話していないな~」「盛り上がっていないな~」と見える現象の背景を読み取ろうとじっくり待って把握する、これ大事!!

 

 

介入する規模 ―全体・グループ・個人―

 

これは私が持っている感覚的な介入のスタンスです。

前提として、場に立ち会っている参加者はそれぞれ多様な考え方・物事の捉え方を持っており、グループを組めばグループによって独自の色が出てきます。

上述の理由で介入が必要と判断したとき、その対象はどこかというと「グループ」か「個人」の場合がほとんどです。

「全体」への介入・声かけを(タイムマネジメントくらいの軽いもの以外は)なるべく避けるのは、ワークへ取り組む進度や前のめり感がグループによって異なってくるからです。

停滞しているグループがあり、介入の必要性を見出した場合、全体への声かけで後押ししようとすると、もともとしっかり内容に入っていたグループの取り組みを遮ることになりかねません。

たった一人のおしゃべりさんにかかわるのに場全体に声をかけても、直接関係ない方の方が多いし、響いてほしいターゲットに届かなければ意味がない。

あくまで対話の場の活性化を支援するファシリテータ―と言えど、ちょっとした一言の影響力が正にも負にも大きくなりうることは自覚する必要があると思います。

 

 

人・グループの「多様な」在り方への意識、そしてそれらに「個別に」対応する姿勢。

介入は、場づくりの目的に沿って適切なタイミングで適切な規模で。

参考までに、この感覚を持って場づくりしてみてはいかがでしょうか(^^)/

ファシリテーターに対する誤解を、少しずつ解いていきたいと思う。

こんばんは。

共同代表の山ノ内です。

 

 

ファシリテーター」と、自分のことを称するようになってから、3年が経ちました。

今年からは、プロのファシリテーターとして専門の会社を立ち上げ、いよいよ本格的に、「ファシリテーター」を背負うことに。

 

だからこそ、明確にしておきたいこと、おかなきゃいけないこと、発信していかなきゃいけないことがあると、日々の仕事の中で、勝手に責任を感じたりしています。

 

今回は、現場の中で垣間見えた、ファシリテーターについて、誤解されていることのいくつかを、紐解いていきたいと思います。

 

 

ファシリテーターは、「先生」ではない

 

あるテーマについて学ぶ集まりにおいて、

 

講師を呼んで参加者に知識や視点を提供する講演型の場

 

が開催されてきた一方で、

 

参加者同士による対話型の場が徐々に増えてきています。

 

だからなのか、これまで講演型だった場を、対話型に変更した会にファシリテーターとして呼ばれると、「先生」と呼ばれることが非常に多いのです。

 

しかし、ファシリテーターは、「先生」ではありません。

 

ファシリテーターは、当日のゴールとプログラムを設定・共有したり、プログラム進行のために前に出て話すことはあります。

 

しかし、立場としては第三者。むしろ、参加者の主体性が発揮された場においては「あれ、いたの?」と消えたい存在。

 

先生がいなくとも勝手に動く場をつくるのが、ファシリテーターなのです。

 

各分野に精通したプロフェッショナルとして「先生」と呼ばれ、みんなの前でお話される講師とは、根本的に立場が違うのです。

 

 

 

「じゃあ今日はあなたがファシリテーターで」と、いきなり指名されても困る

 

理由は2つあります。

 

1つは、ファシリテーターの役割は、事前準備の段階も含めて発揮されるものだからです。

 

実現したいゴールを踏まえ、適切な時間配分やプログラムの設計し、会場設営などを含めた、トータルで「場」をデザインし、更には当日の運営を通じて参加者の主体性を発揮させるのがファシリテーターです。

 

もちろん、いきなり指名をされてもファシリテーション・スキルを発揮することはできます。主催者の意思を汲み取り、最大限、場に貢献するでしょう。

 

しかし、場づくりを知っているからこそ、「それだけでは足りない」ことが分かっているのです。

 

もう1つは、ファシリテーターは、「役割」だからです。「役割」は、そこにいるみんなの承認を経て、初めて担うことができます。

 

つまり、その場にいる人が、ファシリテーターの意味を知らなかったり、誤解して理解していたり、私や、ファシリテーターという言葉自体に不信感を覚えたりしていると、場はうまく進まないどころか、不必要な不安を生み出すことにつながります。

 

また、ファシリテーターは、第三者だからこそ、力を発揮します。

 

ファシリテーターという第三者が運営に徹するおかげで、その場のみんなが当事者となって場に参加できるようになるです。

 

もし仮に、ファシリテーターをお願いされた人が、利害関係者であれば、役割として成り立たせるのは難しいでしょう。

 

そのような観点からも、当日いきなり「今日はこのテーブルのファシリテーターをよろしくね」というお願いの仕方は、避けていただけたらなぁと思います。

 

 

 

ファシリテーターがいても、会議の時間が短くなるとは限らない

 

プログラムづくりに慣れていない会議を拝見していて感じるのは、メンバーの関係性、議題とゴール、時間、それぞれのミスマッチです。

 

「まだ、その議題を話しても、本音が出てこないから盛り上がらないだろうなぁ」

「この議題を話すなら、もう少し人数が多くないとだめだろう」

「ここはたたき台を作って進めた方がスムーズにいくなぁ」

「会議の前に、この人の考えをしっかりと聴いておく必要がある」

 

などなど、様々な「改善方法」が思い浮かびます。

 

なので、会議について相談されたときに、参加者の関係性や議題のウェイトなどを考えて、「逆にもっと時間をかける必要がある」と判断した場合は、当初の予定よりも時間をかけたプログラムやスケジュールを提案します。

 

ファシリテーターによる会議づくりは、一見のんびり・非効率なように見えるかもしれませんが、長期的に見て、もっとも効果的で筋道立った選択をするように、プログラムされています。

「できます」は、"可能"を表す言葉じゃないーりんたろうの仕事の流儀

僕は、自分が少しでもやりたいと思えることで、

 

「これ、お願いしたいんだけれど、できる?」

 

と訊かれたら、

 

「できます」

 

と、"いい顔"して答えていると思います。

 

 

 

 

そして、帰ってからもんのすごい考えます。

 

どうやったら出来るんだろうなぁ・・・と。

 

そして、めっちゃ努力して、必ず実現させます。

 

 

 

「できる?」と訊かれた瞬間の自分には、おそらくできないでしょう。

 

かと言って、それは、嘘をついているわけではありません。

 

叶えてしまえばいい。そうすれば、それは本当になります。

 

 

 

「そんなこと言っちゃっていいの??出来なかったら、相手に悪くない??」

 

なんて、一瞬でも考えるのがバカバカしくなるぐらい、「人に何かをお願いされる」というのは、非常に奇跡的なことだと思っています。

 

 

お願いする人の周りにも、たくさんの人がいるはずです。

普段から関わりがあったり、これまでも一緒に何かをしてきたり。

いや、インターネットサービス全盛期の今、もはや知り合いでなくても頼めますよね。より経験値が豊富で、見せ方も上手な人達が溢れていて、ワンクリックでつながれるんですから。

 

 

 

そんな中、何の偶然なのか、気まぐれなのか、はたまた先見の明なのか、その人は自分にその話をふってきたわけですよ。

 

 

自分がやりたいと思っていることを、他の誰かがやって欲しいと思っている。

 

 

ありがたいことに、人は、誰かのために頑張るとき、普段以上の力が発揮されるようにできている。

 

 

チ ャ ン ス で し か な い。

 

 

 

自分が新しい世界を切り拓くための舞台は、完全に整いました。

 

 

 

「できます」

 

 

 

それは、今、可能かどうかを伝える言葉ではない。

 

何千何万という人の中から自分を選んでくれた相手に対しての誓いと、

「自分の可能性を信じる」自分に向けたエールだと、僕は思っています。

 

「その場で生み出す」ブレスト、「寝かせる」逆ブレスト

よねです!

先日、アイディア発散→収束をセットにしたブレスト会議のファシリテーターを担当させていただくことがありました。
2時間×2回の会議、初回から2回目まで1ヶ月ほど間を開けての実施。
さてどうプログラムを組み立てようと考えながら参考にしたのが『全思考法カタログ』なる本でした。
https://www.amazon.co.jp/%E5%9B%B3%E8%A7%A3-%E3%80%8C%E6%8B%A1%E3%81%92%E3%82%8B%E3%80%8D%C3%97%E3%80%8C%E7%B5%9E%E3%82%8B%E3%80%8D%E3%81%A7%E6%98%8E%E5%BF%AB-%E5%85%A8%E6%80%9D%E8%80%83%E6%B3%95%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%83%AD%E3%82%B0-MAJIBIJI-pro/dp/479931307X

f:id:rintaro_suginami:20170725210647j:plain

その名の通り、内容としては発散系思考法、収束系思考法、さらにはデザイン思考のあれこれアイディアが詰まったもので、まさにカタログ的!

 

当然ブレストの紹介もあったわけですが、そこで書かれていたことに納得。

「確かに創造的アイディアが、会議の中で閃いたという話はあまり聞きません。…アイディア創出場所のトップ3は『お風呂の中』『布団の中』『乗り物の中』です。」

※この本ではウィリアム・ダガンによる「逆ブレインストーミング」として紹介されています。

 

つまり、ブレストにも2種類の形があって、

①他の仕事への意識は置いといて、今はここに集まったメンバーで思いつく限りアイディアを出しましょう!
②考えたいテーマを頭の片隅に置きつつ日々を過ごし、何か関連するアイディアが思いついたら覚えておいて、集まったときにシェアしましょう!

ということなのですね。

 

これ、時間が許すならどっちもやっちゃったら良いですよね!
その場で集中して考えて生み出して、他者との対話の中で気づきが生まれてアイディアが拡がり、深まる。これ大事。
その場では思いつかなかったけど後で浮かんだ良さげなアイディア、実はその場では出さなかったけど密かに抱えていたアイディアを後で整理して提示する。これも大事。

 

であれば、本当にあらゆるアイディアを絞り出したいときは、そのために集まって発散する時間を設けることと、日常生活の中で降ってきたものも回収できるようにすることの両方が効果的なのかも。

 

そんな気づきを得られた場づくりでした!
日々学びばかり!楽しいですね(^^)

5年間 ー僕がActive Learnersを興した理由(と書いて"わけ"と読む)ー

こんにちは!!

りんです。

 

今回、再びブログのデザインを変更しました。

僕たちと会ったことがない人達にも、親しみを持っていただけるようにするために、トップに写真をもってきました。

 

ちなみに僕は、写真の右側です。

「りん?ああ、Active Learnersのかっこよくない方ね」

と、言われてからが勝負だと思っています。

 

 

さて、会社を興してから、3ヶ月が経ちました。

改めて、創業者としての想いを、ここに残そうと思います。

「このブログは、テクニック集や実践記録を書くべ。自分達の想いとか別にいいじゃん」と思っていたのですが、前回よねが書いた自己開示を多分に含んだ記事を読んで、「・・・こういうの、大切」と思ったので、書きます。

 

 

2012年1月27日。

第1回杉並区ワールドカフェ・サロン〜もし、杉並区の100人と”ともだち”だったら〜、通称「100とも」と呼ばれるイベントを開催。ファシリテーターの「ファ」の字も、ワークショップの「ワ」の字も知らなかった僕が、初めて杉並区で主催したイベントです。

 ここから全ては始まりました。

 

そして、5年間。

 

杉並区を舞台に開催した多世代交流の対話イベントは50回を数えました。

 

企画・開催し続ける中で、僕は人が集まる場の可能性に、本当に本当にたくさん触れることができました。

 

 

準備段階。プログラムの構成1つ1つに、自分なりの原理・原則をもって組み立てていく。

当日は、中立的な立場で運営に徹する。場の動きを観察・分析し、時に介入する。

 

参加者の不安が少しずつ取り除かれていき、主体性のスイッチが入ったときの場を、外から見ているときの面白さったら、ない。

 

変わっていく、変わっていく、変わっていく

 

 

 

あっ、変わった。

 

 

はっきりと見てとれる。一言で表すと、自由。

 

共有したゴール、用意していたプログラムと、参加者自身の思考や想いが完全にシンクロした瞬間に、「すべき」とか「しなきゃ」とかから解き放たれて、「したい」だけでその場が動くようになる。

 

しゃべりたいときはしゃべって、聴きたいときは聴いて、考えたいときは考える。

 

燃えさかる炎のような盛り上がりを見せる時もあれば、炭が空気を受け取って紅くじっくり熱を放っている時もある。

 

終了後もそれぞれ。

最初に共有したゴールは達成できるのは大前提。その上で、みんなそれぞれ「何か」を持って帰る。

満足げな顔。すっきりした顔。どっと疲れが出ている顔。もやもやしてる顔。

いろんな顔。それがいい。みんな違うんだもん。

 

そんな場を一緒に経験した人達は、変わります。

「ただの集まり」が、

時に「ともだち」に。

時に「チーム」に。

時に「夫婦」になりました。

飲み会、起業、結婚・出産まで、新たな動きが、5年間で数えられるだけで350件以上も起きたんです。

他の5つの自治体でも、違いを楽しみ受け入れるという基本理念を土台に、対話イベントが今も継続され続けています。

 

もちろん、失敗もたくさんありました。

上記にあるような「参加者自身の思考や想いが完全にシンクロした〜」みたいな瞬間を、僕の立ち位置からでもはっきりと見てとれた場は、まだ数えるくらいしかありません。

 

失敗の全ては、自分の想定の甘さゆえの結果です。

 

「あのときああしていれば、一言がなければ・・・」今でも鮮明に思い出せるくらいに、悔しい。

けれど、一つ一つ、一人一人と向き合いながら、さらに原理・原則を磨いていきました。

 

 

 

そんな、5年間。

 

たっくさん頭を使って知恵を絞って場をつくって、お腹壊すぐらい緊張しながら運営して、想像し得ない成果が生まれる場面に立ち会えることが、好き。

 

原理・原則を積み重ねながら、常にトライアンドエラーを繰り返しながら、自分の糧にしていく感じが、好き。

 

自分の実感と実績の元に積み重ねたスキルと知識とつながりを活かして、ご飯を食べていくような生き方が、好き。

 

だから、会社をつくりました。

 

 

もっともっと、面白い場を増やしたい。

 

それが、今考えうる中で、自分が一番幸せでいられる生き方だと思うから。

 

 

人が集まる場が面白くなれば、チームは、もっと強くなる。学びは、もっと進む。まちは、もっとよくなる。

 

自分の周りを、自分がとれる手段の中で、一番幸せにできる生き方だと思うから。

 

 

はぁ、やっとまとまったぜ。

 

 

追記(2017.7.10)

どうして、これまで書けなかったか。

 

僕はこれまで、場づくりは、まちづくりを実現するための「手段」の1つだと考えていました。だから、地元杉並区での継続開催にこだわっていました。

 

それにも関わらず、5年後の僕の選択は、場づくりに特化すること。

つまり、まちづくりという「目的」をほっぽり、場づくりという「手段」を目的化してしまった(だと思っていました)。

 

それが、どうしても自分の中で腑に落ちていなかった。

大学生活を通じて、「自分のまちを、自分でつくる」道を選択したはずが、なんてこった、これでいいのかと。

 

でも、そうじゃなかったんです。

 

冷静に考えると、これまでの場づくりの成果は、当初の自分が想像していたほどには、"まち"に還元されていなかった。

 

つまり、【まちづくりのためには、継続した場づくりをすればよい】・・・という前提が間違っていたんです。

 

じゃあ、これまでの場づくりの成果は、一体"何"に還元されていたのか。

 

その場に参加した"人"、にでした。それは、自信をもって言える。

 

そもそも、"まち"は、"人"の集合体。

 

はっ・・・つまり、上質な場が増えると、そこにいる"人"は豊かになる。

"人"が豊かになると、結果的に"まち"が豊かになる。

 

これだっ!!・・・と。

 

僕は、後退したわけではありませんでした。

 

以前の自分が立てた前提を5年間の検証ののちに修正し、

 

【人が集まる場がもっと面白くなれば、人はもっと幸せになれる。人が幸せになると、まちはもっと豊かになる】

 

という新たな前提を打ち立て、

 

新しい仲間達と共に、新しい一歩を踏み出していたのでした。

 

自分の中で、また一本の道筋が見えた。

 

また、これからしばらくはこの道を歩いてみようと思います。