”新感覚!パラスポーツで気付く、新たな自分の可能性”を実施しました

f:id:rintaro_suginami:20181206214307j:plain

f:id:rintaro_suginami:20181206214316j:plain


今日は、杉並第十小学校にて、オリ・パラ教育の一環で、ゴールボールを題材にした授業を行いました。

僕は、杉十小学校の学校運営協議委員として、一緒に授業をつくりました。


講師は、ゴールボールで2008北京パラリンピックに出場し、現在も2020東京出場を目指している選手の高田朋枝さんこと、ともちゃん。

 

1/31に杉並区主催のイベントでご一緒してからのご縁で、再びタッグを組むことになりました(^^)

 

そして今回も、ともちゃんが大切にしている想いである、「目が見えないからって、可哀想じゃないんだよ!大変なことばっかりじゃないんだよ!人の身体って、みんなが思っている以上にすごいんだから!」ということを実感してもらえるような、そんな授業をみんなで作り上げました♪

 

〈プログラム〉
★ゴール:①“みる”以外の自分の身体の可能性に気づく!②頭の中に沢山の感想が思い付いている!
(1)マインドセット「本日の授業のゴール・プログラム・グランドルールの共有」
(2)デモンストレーション「ともちゃんによるゴールボール実演〜挨拶」
(3)全体ワーク「なんの音?どこからの音?"目隠しをして"当ててみよう!」
(4)クラスワーク1「ゴールボールに触れてみよう!回してみよう!」
(5)クラスワーク2「”目隠しをして”ゴールボールに触れてみよう!回してみよう!」
(6)グループワーク「ゴールボールのようにパスを回してみよう!」
(7)情報提供「ともちゃんがみんなに伝えたいこと」
(8)全体ワーク「質疑応答」
(9)教室にて〜ふりかえり

 

2限は、3〜4年生。4限は、1〜2年生。5限は、5〜6年生。
…と、今日は1日中授業day♪

最初に行った3〜4年生の授業を基準に、
1〜2年生は、(3)を増やしてゲーム性を高めたり、(6)を省いて(5)の回数を増やしてみたり。
5〜6年生は、(6)で、観察チームと実践チームをつくって、他の人のやり方を見ることで学びを深めたり。

子ども達の成長度合いに合わせながら言葉選びや授業内容を変更しながら進めていくことは、とってもワクワクしました。

すごいなぁと思ったのは、グランドルールである「”しずかに”という合言葉にいつも以上に敏感に」を、全学年がしっかりと守り切れたこと。

「ともちゃんは、耳で情報を受け取って、色々なことを判断している。みんながうるさいままだと、ともちゃんは状況がつかめずに困ってしまう。だから、”しずかに”を合言葉に、今日はいつも以上に気をつけて欲しいんだ」と伝えると、ちゃんとしーんとなるんです。

新しい体験をして、きっと頭も心も活性化して、騒ぎたくなる気持ちでいっぱいなのに、相手の気持ちをちゃんと優先できる優しさを感じることができました。



また、ともちゃんも、「他の学校で目隠し体験をすると、怖いとかできないとか、マイナス要素の言葉が必ず聴かれるんだけれど、今日の時間はどの学年もそういった表現が一切なかったことに、びっくりした」と。

身体のもつ可能性ももちろんですが、改めて、子ども達がもつ無限の可能性にも触れられる素敵な時間でした。

こんな授業を作れたのは、とにかく学校側の授業担当者である大串さん・山崎さんと、僕らがしっかりと打ち合わせを重ねられたことにあります。

みんなでゴールボールを体験しにイベントに参加し、共通認識をしっかりもった上で、ともちゃんの競技者・視覚障害者としての実経験、先生達の子ども達の発育段階を加味した助言と提案、そして僕のファシリテーターとしてのプログラムデザインと進行。

本当に全てが合わさって、作り上げた授業。
またやりたいなぁ。次はもっと面白いことができそう!笑

1周年記念!!第12回杉十小CS会議〜からの乾杯♪

f:id:rintaro_suginami:20181206213253j:plain

f:id:rintaro_suginami:20181206213302j:plain


去年の10月に、杉並第十小学校がコミュニティスクール(CS)になり、学校運営協議会が設置されました。

りんたろうは、司会・進行担当として協議会委員として活動しています。

 

普段のように中立の立場である「ファシリテーター」ではなく、「ファシリテーション」スキルを活用するメンバーの1人として。この違いは、実は非常に大きい。

毎回進行を検討する上で、「自分の意見の側に、寄せようとしていないかなぁ」など、考えることが盛りだくさん。それと同時に、プレイヤーとして、自分のプログラムデザインが、主体的に動きやすい場になっているかを体験・検証したり・・・たくさん勉強させてもらっています。

 

そんな風に考えながら進めてきましたが、それももう1年。

本当にあっと言う間でした。

でも、積み重ねてきたことはたくさんあります。

CSとなった杉十小の目指す姿を確認し、プロジェクトチーム制で進めていくことをみんなで決めました。

それぞれのチームで30年度のゴールを設定し、それに向けたスケジュールをつくりました。

教職員と運営協議会委員との対話の場「CSカフェ」を開催し、現場のリアルな声をスケジュールに反映させました。

CSのフリーメールを作成し、誰もが何でも相談できる窓口をつくりました。

杉十小を囲む地域全体のイベントカレンダーをつくりました。

運営協議会委員との連絡役を教職員側から募集するアイディアには、なんと4名の教員が立候補してくださりました。

教職員に、運営委員一人一人やCSのことをもっとよく知ってもらうために「CS図鑑」を作成中。

いやぁ、よく進んだぁ。
何よりすごいと思うのが、本当に、自立した個人・自立したチームとして、それぞれが動いているところ。

その一点に関しては、僕を信じて学識経験者として声をかけてくださった山口校長のお役に、少しは立てたのかもしれません。

…今日はそんな1年間の振り返りと、初めての議題である「教職員任用」を扱いました。

まだまだ始まったばかり。
けれど、時には振り返って、力もらって、次の一歩を踏み出そうと思います。

データを使ってまちの課題解決! 杉並区オープンデータワークショップ実施

昨日12/1は、杉並区とCode for Suginami(上原 正さん)共催でオープンデータに触れるワークショップを行いました!

f:id:rintaro_suginami:20181224131227j:plain

「営利目的、非営利目的を問わず二次利用可能なルールが適用されたもの」「機械判読に適した(コンピューターで利用できる)もの」「無償で利用できるもの」として、課題の裏付けをとったり課題解決の糸口を見出したりするために、組み合わせながら利活用できるものがオープンデータ。

自治体や民間が持っている様々なデータが自由に使えたらどんなことができるか!?というところで、今回は入門編的にオープンデータに触れていただく場をつくることになりました!

 

ゴールは「区に『こんなデータがあったらいいな』を提案できている」。

参加者の皆さんで、まちの課題分析・解決に関わるデータ探しをしていただきました(^^)

 

<プログラム>

第1部 講演

第2部 ワークショップ

 ①アイスブレイク「ハイタッチ自己紹介」

 ②レクチャー「杉並の現状5テーマ」

  →防災/定住・住みやすさ/商店街振興・地域活性/カルチャー/子育て支援

 ③全体ワーク「興味のあるテーマでチームづくり」

 ④チェックイン「このテーマを選んだ理由」

 ⑤グループワーク「オープンデータでまちの課題を分析してみよう」

 ⑥グループワーク「オープンデータでまちの課題解決のアクションを考えてみよう」

 ⑦全体ワーク「グルグルタイム」

 ⑧グループワーク「振り返り」

 

まず、前半の市川 博之さんの講演内容が非常に面白かった!

そもそもの背景からオープンデータのポイントや利活用方法、可能性についてガツっと情報提供。

感覚で「これは私のまちの課題!」と思っていることって、ちゃんと裏付けあるの?という観点、大事だよなぁ。

f:id:rintaro_suginami:20181224131249j:plain

f:id:rintaro_suginami:20181224131258j:plain

また、今回の参加者には学生さんが多く、なかなか面白いアイディアのタネが出ていた模様。

そのタネが、どうすればもっと深堀りできるか、どうすれば実際の動きが生まれるか、今後も仕掛けづくりのストックを増やしたいところです。

f:id:rintaro_suginami:20181224131320j:plain

そして、今回はワークショップや研修のご経験豊かな市川さんからたくさんのご助言もいただきました。

我々にとって新しい分野のワークショップだったので、りんさんと一緒にあれこれ手探りしながら当日に臨みましたが、心強いサポートによってこちらとしても濃く新たな経験の機会となりましたヽ(^o^)丿

目的や参加者の方々の状況次第で色々なつくり方ができそうです♪

 

ありがたや~!こういうの、またチャンスいただけたら練り直してやりたいな~!!!

平成30年度第3回すぎなミーティングを開催しました!

f:id:rintaro_suginami:20181207102105j:plain

f:id:rintaro_suginami:20181207102118j:plain

f:id:rintaro_suginami:20181207102127j:plain



区民と区長という、普段は違う視点から杉並に向き合っている両者が、お互いの距離を縮めながら意見交換を行うのが主旨の本事業。

 

今回のテーマは、「ふるさと納税」。
自分の応援したい自治体に寄付することができ、その寄付金は所得税・住民税の控除対象となる制度で、元々は都心と地方の税収格差を埋めるという目的が根底にあります。

しかし、現在は「返礼品競争」など、当初の主旨とは少し離れたように見えるところでの盛り上がりを見せており、色々な意味で現在ホットな話題と言えるでしょう。

 

今回は、無作為抽出で選ばれた2000人の中から手を挙げて下さった方々を11名に絞り、ふるさと納税を利用している・していないなど、様々な立場・考えの方々と一緒に、”杉並区は”どう考えているのか・どんな施策を打ち出しているのか、どうすれば区民は自分の考えを持って、ふるさと納税に向き合っていけるのかを考えました。

 

今回の場をつくる上で意識したのは、それぞれの今のふるさと納税に対する考え方を否定しないこと。
杉並区の考えを押し付けないこと。
あくまでも、自分が住んでいるまちの方針はそうなんだなぁと、理解をしてもらえる時間にしたいねということは、事前の区政相談課のみなさんとの打ち合わせでも確認し合いました。

 

最後の全体トークでは、
「更に周知の強化が必要」
「自分も間接的に損している可能性があることを、ちゃんと周知する必要がある」
「地方から杉並区に寄付したくなるような方法をもっと考えてもいいかも。筋は通っているけれど、固すぎる」
「すでに実践されているが、もっともっと都心と地方との交流に寄付金を使っていいと思う」
「これまでもふるさと納税をしてきたが、こういった話をちゃんと聴いたことで、杉並区に寄付したいと思えた」

などなど、多くのインプットがあった上での自分自身の考えや行動を語って下さりました。
参加者のみなさま、ありがとうございました!

ふぃ〜、2日連続で刺激的なワークショップが続いたぜっ(^^;)

 

〈プログラム〉
★ゴール:(1)杉並区のふるさと納税についての考え方について、誰かに説明できる!(2)改めて、自分がふるさと納税にどう向き合っていけるのかが言える!

(1)開会・マインドセット「すぎなミーティングの主旨・本日のテーマ・ゴール・プログラム・グランドルールの共有」
(2)アイスブレイク「握手de自己紹介」
(3)ストーリーテリング「区長の想い」
(4)グループワーク「ぺちゃくちゃタイム〜今の話を聴いて、どう感じた?」
(5)情報提供「杉並区の施策」
(6)グループトークグループトーク×2〜区民が、”ちゃんと”選んで納税先を選べるようになるために、区民が・区役所ができることは?」
(7)個人ワーク「”いいね!”と思った意見・アイディアorもっと深めたい話題をA4用紙に記入しよう」
(8)全体ワーク「自分の今の想い・考えを共有しよう」
(9)ふりかえり

最終回!!さやま市民大学主催 ファシリテーション学習講座が無事に終了しました

f:id:rintaro_suginami:20181207101850j:plain

f:id:rintaro_suginami:20181207101858j:plain

f:id:rintaro_suginami:20181207101907j:plain



2時間制・全3回の講義を通じてファシリテーション・スキルを身に付け、ご自身の活動にどのように活かすかを具体的にイメージできるようになるのが、目的の本講座。

 

その上で、
『観る』…話されている内容だけでなく、表情・声・しぐさ・雰囲気などが、話している内容にどのように影響を与えているかに注目する

『書く』…板書を通じて、これまでの話し合いの積み重ねに目を向けたり、参加者の視線を1点に合わせたりすることで、不必要な人同士の対立イメージをなくす

この2つのファシリテーション・スキルに特化したワークショップ型の講座を実施しました。

 

第1回〜第2回では、書くことを意識して会議に臨むチームと、その様子について「内容以外」の部分を観察するチームに分かれての、会議実践。

15分の実践ののち、話の内容以外の要素が、場にどのような影響を与えていたか・板書が会議に対してどのように効果を発揮していたかについて、振り返りを行いました。

最終回では、普段の会議により近づけるため、自分たちが行う会議の中で、内容と内容以外の両方を『観ながら』、更には『書きながら』の30分の会議実践。前半15分が経った頃に振り返りを行い、修正点を意識してラスト15分でフィニッシュ。今回は山ノ内・米元が各チームの進行を観察し、振り返り時にフィードバックをさせていただきました。

そして無事…全3回講座で、合計7回にわたる会議実践を、無事にこなしました。

しかし…みなさまの感度には驚かされることばかり。。

「目の前の方が、話を遮られた・横取りされた瞬間に顔が曇った瞬間があったので、そのことについて質問してみたら、やはり違和感を感じていらした。そこから話を再開したことで、誰もモヤモヤすることなく進めることができた」

「板書をすることで、このチームの中で、何が一番話題になっていたかが一目瞭然だった」

「人を見ることは意識してきたが、人から見られていることに初めて気付かされた」

「会議を始める際、最初にお話される方の影響がとても大きいということが分かった」

「場を引きの視点で見る…という感覚が、分かった」

全員が、回を重ねるごとに、ファシリテーションの大切さを実感をもって理解することができたよう。

個人的にも、これまで自分が実践してきたファシリテーション研修の中で、ダントツに「そう!その感覚を伝えたかった!」という手応えを感じられた研修になりました。

いやぁ、自分にとっても学び多き時間でした。
本当にありがとうございました!

 

〈プログラム〉
★ゴール:ファシリテーション・スキルを、自分の活動にどう活かすかが宣言できる!
(1)開会・マインドセット「本講座の主旨・本日のゴール・プログラム・グランドルールの共有」
(2)アイスブレイク「チェックイン」
(3)レクチャー「観る→分析する→行動するのサイクルについて」
(4)グループワーク「会議実践(前半戦)〜狭山に今、必要なのは高齢者向け施設?子ども向け施設?それとも?ーGoal:たくさんの視点からの意見が出されている状態」
(5)グループワーク「前半戦の振り返り」
(6)グループワーク「会議実践(後半戦)」
(7)グループワーク「後半戦の振り返り」
(8)全体ワーク「行動宣言〜わたしはファシリテーション・スキルを”こう”活かします」