よねの想うこと

ワークショップづくり&授業づくりのシンプルな共通点とは?

こんにちは! 共同代表のよねです(^^) 2月に法人税申告を終え、締切日に個人の確定申告を終え(遅っ!笑。いや、間に合えばよい)、ちょっと落ち着いたこの時期。色々インプットしたり、考え事したり、ゲームしたりするにはちょうど良いですね! 専任の高校…

せっかくの面白い対話の場を「空中戦」で終わらせないために ~「見える化」の重要性~

よねです~(^^)/ 人が集まる場は面白い。対話を通して、個人の中だけでは出てこない発想が得られたり、他の人との共通点や相違点、多様性に気づくことができたりします。 そんな場がより効果的になるために書かせないのが、「見える化」。 私はプログラムを…

なぜ「きき合い」なのか? ―会議で「ピザ配達人」の質問がもたらすこと―

どうもどうも~、よねです~(^^)/ 授業のガイダンスのとき、担当するワークショップの序盤で、私がまずお願いすることがあります。 それは「(伝えることも大事な前提で)ききましょう」ということです。 もはや当たり前すぎて意外性のかけらもないことばです…

ファシリテーターが介入するのは何のため? ―十分な観察と、目的・意図をもって関わる&関わらないこと―

こんばんは、よねです(^^) 私たちは、様々な場面で「物事に対し主体性をもって取り組む人“アクティブラーナーズ”を増やす」ことを使命として活動しています。 このところファシリテーションの観点から研修講師のご依頼を受けることも多くなり、あれこれとお…

「その場で生み出す」ブレスト、「寝かせる」逆ブレスト

よねです! 先日、アイディア発散→収束をセットにしたブレスト会議のファシリテーターを担当させていただくことがありました。 2時間×2回の会議、初回から2回目まで1ヶ月ほど間を開けての実施。 さてどうプログラムを組み立てようと考えながら参考にしたのが…

「イマココ」感とともに生きてみる ―Planned Happenstance(計画的偶発性)という考え方―

こんにちは、よねです(^^) こういった形でブログ書いたの、何年ぶりだ…(笑) 前回の記事で共同代表の山ノ内からご案内がありましたが、私もこちらにつれづれを発信することになりました。 先に断っておきますが、私も筆不精です(笑) よろしくお願いします~♪ …